あいほn

コメント?いいんじゃないかな?
コメント?いいんじゃないかな?
大丈夫ですよ、僕は笑えてないので。

大丈夫ですよ、僕は笑えてないので。

僕は色々な人に嫌われたりもしたし
色々な人に好きになって貰ったり愛されたりした
いろんな人に

わかってたけど結局わからない
愛されてることもなぜ僕を愛すのか
理解できない

少し理解出来るところもあったが
やっぱり根本で疑問が残る

わからない

裏切りもした
都合良くもした
ここまでの人生で色々な選択肢を捨てた
どれも選ばなかった

変化が怖いから

けど後になって後悔もした
あれを選んでおけば、これを選んでおけば
全部後悔した

都合良いのに後悔した

自分の間違いは認めないどころか
間違ってる証拠を探してしまう



例えば陰口ってやつも
聞かなかったら知らずに済むし
誰が言ったかなんてのと知らないままだけど

実際にその誰かが言ってたとしたら
その発言とその内容は事実として存在するから
知らないふりしてるのが嫌で探しに行く

その発言自体が無かったとしても
無い事実を疑ってずっと探してしまう

見つけても傷付かないようにしてる
当たり前のように自分が間違えてるし。





素直に愛情が欲しいから必死になってる
そこに無いなら離れたらいいだけの話でも
離れた後が怖くて仕方ないから出来ない

離れたくないのもあるけど
多分そこには無いのも知ってる
離れられないし離れたくない
素直に好きの気持ちは勿論ある

矛盾してるけど
欲しがる割に貰う権利があるように思えない
だからずっとよく分からないままでいる

その人の為に色々捨てて生きてる
見返りは求めてないって言うけど
結局はどこかで求めてる
返ってきたものがゼロではないから
別に相手が悪いことはない

ただもう少し欲しくなる
頑張ってるから
その人に色々な感情を注いでるから
面倒や手間だったりを
できる範囲全部代わりになってるから
ほんの少しでも楽しくいて欲しいから
楽していてほしいから
落ち込んだ気持ちは辛いのを知ってる
だから同じ思いをしてほしくないから
少しでもそんな事が起きないように気を張ってる

文字にするとただの依存してるアホみたいね
けどそんなことはない

悪いところばかり言ってるわけじゃないけど
そう見えてしまうところはある
実際は楽しく仲良くしてる

ただ自分の負荷が少し多い気がするだけ
けどそれをわかって生きてる




今までやってきた事とかは
謝って許されることでもないし
死んで償おうとしても償えることじゃないし
ただ死んだだけになる
その割に生きたがる

なにもかもが自分勝手で自己中心的

本当にどうしようもない


いいとこはあるみたいな事を言う人もいるが
本当にない

なにもわかってない



久しぶりに聴いた曲が言ってたけど
全部を受け入れたらまだ人間になれるかなって
それはつまり許されることなのかね
ただの人間であって
罪がある人間ではない
だから人間として生きていけるのかな

本当にそのままの言葉だけど
なにもかも受け入れたら少しは人間になれるのかね
受け入れてるつもりだけど
頭のどこかでは拒否してるのかもね

ってことはもうなににもなれない
けど生きるしかない

つらくないのかとか
しんどくないのかとか
大丈夫なのかとか

どれもそんな訳ないに決まってる
けどこれが自分の人生とかいうやつ
誰にもどうにもできないから
見てて色々考えるなら見ない方がいい


どんな結果でなにがどうなっても
全部受け入れてるつもりなんだけどね
人間ってやつが何かも分からなくなってきた




汗臭いタオルを洗濯しないとね
みんな生きてネ、無理は言わないよ
そうかそうか

そうかそうか

とある人に会ってきた
8年ぶりに会った
再会ってよりは会ったが正しい

見た目は変わってたけど変わってなかった
当たり前やけど同じ顔やった
マスクで分かりにくかったけどそのままやった


もっと緊張して頭がぼーっとすると思っていたが
意外とそんなこともなくすんなり会話ができた
最初の10分はシンプルに緊張したが
そのあとはなんか割と普通だった

なんなら8年空いたのか分からないくらい
普通に話ができて普通に楽しんでた


これで良い気もしてたし、悪い気もしてた
特にどっちか決めようとかは思わなかった

けど全く思ってた状況と違って
予測してない状況に対応できなかった



その日一日をまとめると
結果は良かったし、目標にしてたことは達成した



何年も纏わりついて抱えっぱなしで
捨てたいけど捨てようとも思えなくて
けどどうしてもしんどくて
ふとした瞬間にどかっときて耐えれなくなって
一人でなんとかするしかなくて
けど次の日になって生活の為にやることあって
したくなくてできなくてもやるしかなくて

そんなことがずっとずっと続いてた
毎日毎日ずっと何年もなってた

まともになりたくて仕方なくて
自分なりに努力はいっぱいした
結果的に欲しかった環境と生活が手に入った
けど、どこかでまだ時間が止まって動いてなくて



それを全部取っ払って動かそうとした結果が
良い結果で終わったって話



もっとつらつら書くとは思ってたけど
書く必要がないというか
自分の中で完結したからそこまで書くことはない



人生色々な意味で何が起こるか分からんねって話
良くも悪くも。

そりゃ人生色々あるって言い尽くされる訳ですわ



おおきにと申します。
セブンカフェ

セブンカフェ

アニメ版ポケットモンスター
それに出てくるタケシという名の男

その男はお姉さんが大好き
いつもお姉さんを目の当たりにすると
目がハートマークになり興奮が収まらない

そんな自我を失うほど興奮している男を止める女性がいた
カスミという女

その子はいつもタケシを現実に戻していた
いい役割だったと思う


そして後にアドバンスジェネレーションというものになった
僕はいつもみていた



ここで変に丁寧な言葉を選ぶのが面倒になった



アドバンスジェネレーションにでてくる
マサトってガキがいるんやけど

タケシが興奮した時にその子が
はいはいとか言いながら耳引っ張ってくの

ガキのクセに生意気な態度とってんのがクソ腹たってたわ
あいついっぺん殴り倒して大人の怖さ見せたらなあかんやろ

そんなこと小学生の頃見てて思ってた



最近は残業の毎日ですこし体がしんどいです
月の終わり

月の終わり

僕は昔、音楽をしていた
活動をしていた、少しの期間


だけど辞めた
理由は本当に色々

色々と言われて想像する3倍の色々
詳しく話せないこともあるし話せることもある


学生の頃から僕はバンドをやりたかった
自分には音楽しかないと思ってた、心の底から
売れなくとも、一生フリーターでいようとも
音楽をして生きていきたいと思ってた


夜遅くにスーツ姿の疲れた顔したおっさんが
顔の赤い上司であろう人間にだらだらと話しかけられ
愛想笑だけをして電車の時間を過ごしていた

ここまで遅い時間であることと
聞かなくてもわかる面白くない話を永遠に聞かされ
ちゃんとしたリアクションをするという暗黙の了解がある

本当に本当に嫌だった
こんな人間にはなりたくないと思っていた


けど僕は今そういう人間になろうとしている
だんだんと近づいてる

けどもう仕方のないことであって特に抗うつもりはない
逃げたいとか辞めたいとかは常に思ってるけど。
けど何もかもが仕方ない

こんな人間になったのも
しょうもない社会人になったのも
音楽が嫌いになったことも

なにもかも仕方ない

じゃあなんとかできたのかって話
頭だけで考えてあれこれ言ったって
現実を見たら考える必要がないこともすぐわかる


夢を持って語ったところでなんにもならない
全部意味がないし
起こることは基本的には仕方ない出来事
なるようにしかならない




僕はバンドが嫌い
したくもない

見ているとしんどくなる


誤解どころか、大勢の敵を作る勢いだけど

今の時代はバンドじゃなくてバンドごっこをしてる人ばかりに見える

特別飛び抜けた技術があるわけでもない

J-POPで言い尽くされた翼広げすぎ問題と同じように
みんな同じようなことを同じような曲調で歌ってる

そもそも何を言ってるのか聞き取れないMC
それに追い打ちをかけるように弾きだすアルペジオ

僕には何一つ届くこともなく響くこともなかった

何がいいのかもよくわからないのに
「いやぁ、よかったです」
平気で嘘をつく界隈

これは僕の偏見。

もちろん、一概には言ってない
素直に良いと思う音楽をしてる人だって見かける
ちゃんと好きになるし曲も聴く


けど、多すぎる
この事実を見て見ぬ振りしてる人もいると思う

全て僕の偏見。

今のバンドだったりは
曲より見られ方ばかり気にしてるように思える
衣装だったりもそう
ジャケットだってそう
ライブの演出もそう

もちろん大事なことだし
雰囲気がないと曲に入り込むこともできない
必要ないとは思わない

何が言いたいのかわからないけど

曲を引き立てるその他じゃなくて
その他諸々を引き立てる曲になってる気がしてる


気がしてる。全てにおいて
大事なところ。

そもそも自分の感性がおかしいだけの話


なにもかもまとまってないし
何が言いたいのかもずっとわかってないけど

僕はもうバンドも音楽もしたくない


けどギターを弾きたくなるのが現実で
ただ好きな曲を部屋で弾いてる。
だけでいい、それでいい

それ以上はもう辛いだけ



意味がわからない




二度とするものか
タイトルを入力

タイトルを入力

僕のブロクは中二から始めた
そんなことはどうでもいい


一人のセックス依存症に悩む人間
自分がイマイチわからない、ここずっとというか
もうずっと、小学生からとか。

多分小学生の頃に色々と自分が完成してしまった気がする。
小学校の頃、人に対して思ってたことを今でも同じように思う
小学生にしては成長した頭なのか
それともずっと止まってるだけの弱い頭なのか
多分弱いだけ



自分の中の意見がすごくバラバラ
何が本心なのか自分で全くわからない
人に合わせてばかりいたので
さらっと平気で嘘をつく癖がついてる

どうでもいい人、嫌いな人、好きな人とか関係なく
ほぼ無差別に人に嘘をつく

ちなみにそのせいで
他人を1ミリも信じれなくなった

だってこんなちんけな人間が平気で嘘つけるのに
確実に自分より頭の良い人間達が嘘つかないわけない

自業自得過ぎておもしろい


目を見て信頼してると言われた人にすら平気で嘘をつく
相手に対して申し訳ないとも思わない、全く

だから人からの信頼があるとかは思ってない
基本的に誰に対しても。


奇跡的にこのブログを見てる人が数名いる
把握はし切ってないけど、一桁だけ何人か見にきてる

把握してる人もいるけどしてない人もいる

そんで多分その人たちにも嘘は平気でついてしまう
なんでかはよくわかってない


嘘をつくのも、捻くれてるのも
自分自身が多少の犠牲を払ってでも人の不幸に貢献するところも
これは小学生の頃から何も変わってないし変われてない

悪いことをしててもなんにも思わないし
人としてのなにかを感じることもあまりない


なにもかもを全否定されてきたからそりゃ捻くれるよ

なにを言われてなにをされたら人は嫌な思いをするのか
ずっとされてきたから方法はわかってる

僕は中二病なので
敵に回したら怖いタイプの人間って思われたい
毎年の目標はかかってくる人間全員ぶっ殺す勢いで潰す
物理的にでも社会的にでも人間的にも

どうしようもない
できもしないことを何言ってるんだか


さっきまでだらだらかいてた文章は本当のこと
けど嘘でもあるかもしれない

よくわからない


悲しいニュースをみて酷く落ち込むこともある
知らない誰かを助けることもある
嘘をつかれた人の気持ちを考えて本当のことだけを言う時もある

性というものに対して心の底から嫌になることもある


さっきから何を書いてるのかもわからない


自分がよくわからない話
日が暮れても彼女と歩いてた

日が暮れても彼女と歩いてた

寝る前に書いてる

腹筋ローラーは2日前から止まった
今は気力がない
それまでは割とちゃんと続けてる
またそのうち続ける



一人は絵が上手なよく分からん女
つなビィでブログを始めるきっかけにもなった女

彼氏を焼いて煮て食べようか悩んでたり
話しかけただけで机を叩いてキレたり
合宿免許でスク水を着て風呂に入ったり
飼い犬を四足歩行で追いかけて遊んだり

意味不明で飛び抜けてる所が大好きだった



もう一人は不思議な女
薬を飲んでよく記憶をなくしてた女

ギターを教えろと言われ
スタジオではなくラブホテルに向かおうとする女
結局ラブホテルで爆音のギターを鳴らす女
(※卑猥な行為は一切しておりません)


サイゼリヤでシーフードサラダを頼んで
イカの足を縦に並べて満足そうな顔をしてた


人生が上手くいかなくて遂にキレて
タクシーでデカい神社に向かって
賽銭箱に財布をひっくり返し全ての金を突っ込み
ブチ切れながら
「テメェ絶対許さねえからな」
と神に怒鳴ったあと歩いて帰った話

額を聞いたら24万だった

冗談抜きでロックンロールを感じた

人間にからすれば24万はしっかりと大金
神にすればちっぽけな額

確実に自分が損して負けるのが目に見えてるのに
それでも財布をひっくり返して立ち向かう意志

カッコ良すぎた、大好きになった

あとその女はラッキーストライクを吸ってた


さっきから言ってる好きは
恋愛感情の好きじゃなくて、人としての大好き



けど、恋愛に対してもそこに惹かれると
最近気付いた


飛び抜けた行動を素でやってるのが良い

良くないと思ってる人もいるはず
好きって意味わからんアホちゃうかって
キチガイなだけやろって

確かに良い行動かと言われたらそうでもない

けど本能的な所をそのまま出してるのが良い
自分をしっかり持ってるようにも見える


個人的には
それをステータスと思い込みそのふりをする人間

鬱がステータス
キチガイがステータス
ガイジがステータス

そう思って、あたかも自分はこんなんですって
わざと意味不明を演じてる人間が嫌い


反吐が出る


どっかの好きなバンドも歌ってたけど
どうせただの人間
人とは違うって思われたくて
違うフリをするのはやめたほうがいい

ヘラヘラとまともじゃない人間を演じて
バカみたいに落ち込んで沈んで
実は落ち込んでる自分の事が大好きで

みんなからおかしいと思われたがる

冷める



こんなこと書いたらいろんな人に嫌われそう
別にいいけど


僕の偏見だから文句あるなら言ってくれていい


何が言いたかったとかはない
なんとなく思い出して書いてみた

全て気分なのでそのうち消すかもね


タイトルは曲名
でかい空洞

でかい空洞

人生を通してあの頃は良かったって時期はいくらでもある
楽しかったとか夢中だったとか色々

日本語が本当に難しいけど、楽しい嬉しいとかじゃなくて
ただただ良かったって時期とかも
これがこうで良かった、とかじゃなくて
ただ良かったって時期

思い返すと漠然とした生活だったけど
出来事とか会話とか場所とかをハッキリ覚えてる



基本的によく思い出すけど
最近色々あったり重なったりでめちゃくちゃ鮮明に思い出した

普通に泣きそうになるくらい


最近は自分が何者で何をしたくて何をしてるのか分からない
自分を大切にしたほうがいいんやろなぁって思うけど
できそうにないから難しいし怖い

けどこのままだと先を考えた時に
自分がゆっくり壊れていってる気がしてる

生活とか好きなものを買うために働いてるのは前提


今が良いと思えないからその分思い出してしまう


どうにかしたいけど疲れてしまって
動けないわけじゃないけどゆっくりになる


何が悲しいってあの頃の自分の行動次第で
どうにかできてたかもしれないってとこ
仕方ないことは仕方ないから仕方ない
けど自分の性格で今現在この生活をしてる

仕方ないっちゃ仕方ないけど
またなんか違うと言うか
どうにかできてたなって思う事もある
くやしい


三連休も終わる
また仕事もある、出張もある。


みんなは好きなことしててネ

死なないようにね
昼特天丼

昼特天丼

中学生の頃を思い出す
一日一回更新してた

あれは楽しかったな
ギターのことばっか書いてた

元々文章打つのが好きで
こういうのを書くと止まらなくなる


バンドやって色々悩んでた時は文字数アホみたいになってた


色々と更新していきたいネ
田中の彼女

田中の彼女

これは曲のタイトル
昔聴いた曲

ブログ始めるベイベ